副業でやっている美容室にご家族のご紹介をいただきました

先日のブログにも書いたように、今年2月に「完全紹介制」「完全予約制」の美容室を開業しました。

なぜ「完全紹介制」「完全予約制」なのか?

理由としては二つ。

一つ目は美容室とは別に事業を行っており、現時点での主業はそちらであること。

二つ目は「わたし」という美容師をご理解いただいた上で施術を行わせていただきたいから。

 

美容師としての経験は20年以上、美容メーカーの外部講師をさせていただいたり、美容学校の講師をさせていただいたりと、それなりに技術と知識に関しては身につけてきました。

また美容というのはかなり幅広い技術を行う仕事なのですが、アム・ヘアアトリエではわたしが得意としている技術メニューしかありません。逆を言えば自信のない技術をお金をもらって提供することができないのです。

その代わりに、これまでの経験の中で培った自信を持って提供できるメニューを厳選して、『自分が思う最良の薬剤』を使用して施術をしています。

という背景もありながら、わたしという人間を理解していただいてなおかつ「やってもらいたい」という方に限定して施術をしている次第であります。

現在の主業でご飯が食べれなくなるまでこのスタンスは続ける予定です。

 

というわけで、チラシなどを配布するわけでもなく、集客サイトに掲載するわけでもなく、店先に看板を出すわけでもなくひっそりと営んでいるわけですが、この度知人からご家族をご紹介いただくことができました。

知人とは、今回新築した家を建ててくれた大工さんです。

こちらの大工さん、直接お願いして担当になったわけではなく、ハウスメーカー が手配してたまたま担当になった大工さんだったのですが、これが大当たり。話を聞くと大工さんもピンキリで、ひどいのは本当にひどくて途中でばっくれとかもあるらしい。でも建築中に行く機会がなかったり、大工さんと話す機会がなかったらそんなのわからないし、建っちゃったあとに組み上がってるのがいいのか悪いのかなんて気がつかない。

建築中に家が近かったこともあり、ほぼ毎日通っては大工さんと話をしていました。

これから建築を考えてる方、建築中にできる限り見に行った方がいいし、大工さんとも仲良くなることを強くお勧めします。

大工さんも頻繁に来る暇人な施主に、嫌な顔一つせず対応してくれて、仕事は丁寧だし本当にこの大工さんでよかったと心底思ったし何より気が合ったんですよね。

その後も何かあるとこの大工さんに相談したり、ちょこちょこ作業をお願いしたりもして、そのお礼に髪を切ったりもしてあげてたのですが、先日その大工さんから

「娘が髪切りたいって言うので行ってもいいですか?」

と連絡がありました。

自分の大切な娘さんを紹介してくれるものそうですし、会ったこともないお父さんの知人の美容室を信頼してくれる娘さん。

これって嬉しいですよね。

 

娘さん、できるだけ早く切りたかったみたいだったので、すぐに来てもらってカットしました。

後日お礼のメールをしたら、

「娘も気に入っているみたいです!」

とのご報告が。

こういうカタチでのご紹介は本当にありがたいし嬉しいです。

今後も「大切な家族に紹介できる美容師」であり続けたいですね。

この記事を書いた人

石川 マサキ
石川 マサキ
ヘアデザインやWEBデザイン、DTPデザインや動画編集などを行うマルチデザイナー。アップル製品と車とハワイをこよなく愛する30代プチオヤジ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【スポンサーリンク】