ホットペッパーサーバーダウン再び

昨日お昼頃、サロンのスタッフから事務所に電話がありました。

「石川さん、ホットペッパーのサロンボードが開きません!」

サロンボードとは、ホットペッパービューティーを利用している美容室が、自分のお店の管理を行う管理サイトです。

そのサロンボードが「落ちる」ということは、ホットペッパーを利用しているサロンの予約管理に多大な影響を及ぼします。

美容室を使用するユーザーが見るホットペッパービューティーの主な機能は、美容室検索とWEB予約。

しかしサロン側が管理するサロンボードというサイトには、様々な機能が付いています。

  • WEB予約を含めた予約管理機能
  • レジ機能
  • メッセージ配信機能
  • 自サロンページの変更機能

などなど、ひじょうに便利な機能が満載。

サロンボードが「落ちる」ということはこれらの機能も全て「落ちる」わけで、これを積極的に利用しているサロンにとっては死活問題なのであります。

 

実際にどんな問題が起きるのか

おそらくないと困る主な機能は2つ。WEB予約とレジ機能。

WEB予約が機能しなくなるとこんな問題が起きるでしょう。

まずホットペッパービューティーの一番のストロングポイントである「WEB予約」が使用できなくなります。これはユーザー側、サロン側双方にとって大打撃となるでしょう。

ユーザーがWEB予約を利用するのは、

  • 電話が面倒
  • どんな時間でもできる
  • 空いている時間がわかる

というメリットがあるからです。これが全部なくなります。

営業時間に、したくもない電話をし、行きたい日時にいけないかもしれない。だから「予約するのやーめた」になる。

サロン側も、

  • 施術中に手を離して電話を取らなくていい
  • 営業時間外でも予約を受けることができる(しかも自動で)
  • 空いている隙間に予約を入れてくれる

というメリットが、すべて裏目に変わります。

それと、このサロンボードという機能を利用し始めてから、「紙の予約帳を書かなくなった」というサロンも多いようです。

これに関してはもうパニックですよね。どこにどのお客様が入っていたのかわからなくなるわけですから。

当然お客様はそんなこと知らないし関係ない。

結果対応に不備が出て、最悪失客してしまうことにもつながりかねません。

次にレジ機能。

これも無くなってしまうと大変ですね。

それまではサロンボードの中で、計算してくれたり記録を残してくれたりしてたものができなくなるわけですから。

お客様に直接迷惑を掛けるわけではないので予約機能よりはダメージが少ないとは思いますが、それでも毎日これを使って営業しているサロンさんにとっては、不便であるに違いありません。

 

そもそもなんで起こるのか?

リクルートさんといえば、日本を代表する大企業です。

特にこういうポータルサイトに関しては、「リクルートがやり始めたら一人勝ち」のような様相もあるのではないでしょうか?

「スーモ」しかり、「リクナビ」しかり…。

美容業界でもたくさんのポータルサイトがあります(ありました)が、一番集客力があり影響力があるのがホットペッパービューティーです。

そんな大きなグループ会社が運営しているサイトのサーバーがこんなにダウンするものなのでしょうか?

ちなみに前回のダウンは、機能付加のリニューアルによる不具合とのこと。

かなりツイッターなどで荒れました。→NEVERまとめ

この時は復旧までにかなりの時間がかかりました。実質3日間くらいですかね。しかも一般的にサロンが忙しいとされる土曜日も含めて。

この3日間、WEB予約が死んでました。それはもう、全国のサロンはパニックです。

この3日間で生じた全国のサロンの売り上げ損失額はかなりのものだと思います。誰か計算してくれないかな。

今回のダウンについては今日こんな記事が出てました。↓

ヤフーニュース→三代目JSB表紙の「HOT PEPPER」、アクセス殺到し公式サイトがダウン

くだらねぇ…。こんなくだらねぇことのためにサロンは踊らされたのか…。

でもわたしがスタッフから報告を受けて、ホットペッパービューティーのサイトにいったら、まだ全然アクセスできてたし、WEB予約もできそうだったんですけどね。ちなみにその時点でサロンボードは死んでいたので、公式サイトとサロンボードのサーバーは別なんじゃないかなー。

ということはサロンボードが落ちたのは3代目のせいじゃないと…。

まぁどちらにしても、昨年10月にあんなことがあったのだから、今回ももう少し慎重にことを進められなかったのかと疑問に思うところではあります。

確かに復旧は前回より早かったのでそこは学習したのかなとは思いますけど。(単純に大した不具合じゃなかっただけか)

 

わたしたちがやるべきこと

幸いなことに、うちのサロンは前回も今回も大きな被害を受けずに済みました。というのも、そもそもホットペッパー自体にそんなに依存していないからです。

今すぐやめてもさほど影響はない。

でも全国のサロンには、ホットペッパーが機能しなくなると死活問題になるところもきっとたくさんあります。

大げさじゃなく売り上げが半分とかになっちゃうところもあると思う。

予約帳の件に関しても、うちのサロンはサロンボードと紙の予約帳の二つに同じ情報を記載しています。

どちらかというと紙の予約帳の方がメイン。サロンボードの方は、WEB予約を受ける際にダブルブッキングにならないためのツールとして使用しているくらい。だからシステムダウンしてもさほど影響がなかった。

完全にデジタルに移行できない中途半端だといえばそれまでだけど、結果的にバックアップを取ってる状態になってリスクヘッジしてたということ。

なんでも便利になっているけれど、やはり何かあった時のための保険は常に考えておかなければいけないですね。

 

最後に担当者に物申したい

前回の不具合の時も今回の不具合の時も、正直言ってリクルートの対応はひどい。

確かにうちはそんなに「上顧客」ではない。プランも安いもので契約している。

毎月ウン十万も払っているようなサロンと比べたらクソみたいなものだろう。

前回は不具合が起きてかなりの時間が経ってから、担当者(いつもメールのみなので顔も見たことない)から形式的な侘びの電話があっただけ。

ちなみに知り合いのウン十万払っているサロンのオーナーのところには菓子折り持って直接謝罪に来たそうだ。

今回に関してはその電話すらない。リクルートが一斉送信している経過報告のメールのみ。しかも途中で担当者から次の号の締め切り案内メールまで来る始末。

どうなってんだ?リクルートさん。

もう少し誠実な対応をした方がいいのではないかと苦言を呈して、今日はしめさせていただきます。

 

この記事を書いた人

石川 マサキ
石川 マサキ
ヘアデザインやWEBデザイン、DTPデザインや動画編集などを行うマルチデザイナー。アップル製品と車とハワイをこよなく愛する30代プチオヤジ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【スポンサーリンク】