車の住所変更に伴うナンバー変更の手続きを自分でやってみた

この夏、引越しをしました。そこで車の住所変更を「法的」に行わなければならなかったので、自分でやってみました。

やっている人は少ないみたい

本来引越しに伴う車(車検証)の住所変更は行わなければならないようですが、特に罰則もなく問題があるわけではないので、やっている人は少ないと思います。関東で他の地域(札幌ナンバーとか)の車が走ってることもザラですもんね。とりあえず税金だけ搾取すれば納めればいいので、税金に関係するところに連絡して、送付先を変更するということだけにとどまっていることも多いようです。

何より、手数料はかかるし、ナンバーも変わるならナンバー代もかかるし、代行を頼むなら代行手数料もかかって高いし、自分でやるものいろいろ面倒。そのままで放置する理由もうなずけます。

しかし今回の引越しは、本籍を異動する「転籍」も兼ねていたため、ここで車検証の住所変更しておかないと後々面倒なことになるということがわかりました。(この理由は長くなるので今回は省きます)それと二の足を踏んでいたのが「春日部」ナンバーになってしまうということ。これはダサい(春日部の人、すみません)。「大宮」のままの方がいいなんて思っていました。

しかしよくよく調べてみれば、越谷市民に限ってはご当地ナンバーの「越谷」ナンバーが手に入るらしい。ということで、後々のことも考え変更手続きをすることにしました。

 

自分でやることに

ディーラーなんかに代行してもらうときっと高い(調べたわけではない)。なので自分でやることにしました。手順は以下。

  • 車庫証明をとる
  • 希望ナンバーを予約する
  • 書類を揃えて管轄の陸運局で手続き

文章で書くとだいぶシンプルですが、実際にやるとかなり面倒くさい。

 

車庫証明の申請

これがいちばん面倒くさい。

まず車庫証明を取るための書類の準備。マンションの管理人に駐車場の「使用承諾証明書」と「保管場所の所在図」を請求。

それらの書類と「自動車保管場所証明申請書(警察署でもらう)」に記入し、まとめて警察署に提出。すると3日くらいで車庫証明を発行してくれます。

 

希望ナンバーを予約する

今は何でもネットの時代。これの申請もネットで完結します。

希望ナンバー申し込みサービス

ここにアクセスして申込。希望ナンバーが空いていればその場で仮予約。人気の番号だと抽選になるらしい。指定した口座に交付手数料(¥4200!)を振り込めば完了。あとは発行される番号を、変更の手続きのときに提示すればオーケー。

 

陸運局で手続き

申請書類を購入し、必要事項を記入。すごく面倒そうだったので今回は代書を頼みました。¥1500なり。次は自分でやろう。

書類を提出したら、古いナンバーの返還をする。封印をときネジを外し古いナンバーを返す。そうすると新しいナンバーを渡され、ネジで取り付け。最後に係の人が封印をしてくれる。

この作業は外で行うのだが、この日この時間は雷をともなうゲリラ豪雨のまっただ中。傘はさしてているものの、びしょ濡れになりながらの作業。なんて運が悪い。

IMG_1089

 

これではれて越谷市民に

これで身も心も越谷市民になりました。完全に越谷に魂を売りました。

申請書類を集めるのと、特に車庫証明が時間がかかるのが(2回行かなきゃいけない)面倒ですが、思ったよりすんなり完了したように思います。

後日車のディーラーに定期点検に行ったとき、担当者にこのことを伝えたら、

「業者みたいっスね!ww」

と笑われました。

ここでも「何でも屋」を発揮してしまいました。

皆さんもぜひ。

 

輸入車の査定・買取をお考えの方はこちらをチェック!



この記事を書いた人

石川 マサキ
石川 マサキ
ヘアデザインやWEBデザイン、DTPデザインや動画編集などを行うマルチデザイナー。アップル製品と車とハワイをこよなく愛する30代プチオヤジ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【スポンサーリンク】